メニュー

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、直訳すれば「第二の意見」という意味になります。具体的には、診療や治療方針についての主治医以外の医師による意見のことをいいます。

患者様やそのご家族が、主治医から病状や医療方針について説明を受けても、専門的な知識や情報がない場合はご自身で治療方針を決めることに不安を覚える方がいらっしゃると思います。そこで、主治医以外の医師の意見を聞くことにより、さらに具体的な比較ができるようになり、患者様ご自身にとってより納得のいく医療をご選択いただけます。

他院にかかりつけの方が当院でセカンドオピニオンを希望される場合

当院では一部の病院等で行われている自由診療によるセカンドオピニオン外来というものは特に設けておりません。他院にかかりつけで別の専門医の意見も聞いてみたいという方はお気軽に診療時間内に来院してください。通常の保険診療内でおこなっております。

実施内容について

現在の診断内容や治療法に関して、患者様からのお話や主治医の先生からの資料を元に、院長の見解・判断をご提供いたします。ご提供した見解や判断を、患者様・ご家族様が今後の治療を受けるうえでの参考にしていただくことが、セカンドオピニオンの目的です。

セカンドオピニオンを受ける際に必要なもの

主治医の診療情報提供書があることが望ましいです。情報提供書がない場合、複雑な病歴をお持ちの方は、できれば発病から現在までに起こったこと、受けた治療などを詳細に書き留めておくことをおすすめいたします。また、過去の血液検査のデータやおくすり手帳などもあったら持参してください。

受診時間および料金について

初診の方は予約はしませんので診療時間内に受診してください。なお、通常の保険診療による診察及び検査を行ないますので保険証は必ずお持ち下さい。

当院受診中の方が他院でのセカンドオピニオンを希望される場合

当院での治療経過や院長の考えなどを診療情報提供書に詳しく記載し、血液データや薬剤の処方歴なども同封しますのでお気軽にお申し出下さい。なお、経過が長かったり複雑な場合、当日の混雑状況によってはその場でお渡しできないこともありますので予めご了承ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME